マウリシオ・ポチェッティーノ : 「このレベルのままでは苦しまなければならない」

Réactions

パリ・サン=ジェルマンがUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5戦でマンチェスター・シティに敗れた後、マルキーニョス、アンデル・エレーラ、マウリシオ・ポチェッティーノがPSG TVのインタビューに答えてくれた。

マウリシオ・ポチェッティーノ

「前半は、マンチェスター・シティが我々に深い位置でのプレーを強いてきたため、難しかったと思う。これは良いときもあれば、そうでないときもある。このレベル、チャンピオンズリーグでは苦しまなければならないし、マンチェスター・シティのようなチームとの対戦でも苦しまなければならない。後半のスタートは良かった。後半の多くの時間帯でゲームをコントロールし、得点もできた。その後、同じような展開を続けることが出来ず、失点してしまった。少しがっかりしているが、まだ次がある。グループ1位になりたかったので、その点は残念だ。」

マルキーニョス

「そうだね。タフな試合になることはわかっていたし、実際タフな試合になった。普段、我々はボールを持つことに慣れていて、より多くのポゼッションをすることに慣れている、ボールを持てなかったときにはいつも「厳しい試合だった」と言うが、相手は自分たちのやり方でプレーし、ゲームをコントロールし、我々を終始動かし続ける強い相手だった。時にはボールを持てないことを受け入れ、しっかりとしたディフェンスをしてカウンターを狙うという、異なる戦略が必要になる。最初の失点の後、彼らはもっとプッシュしてきて、ゴールを許してしまった。2位は確実で、その後のアドバンテージのために1位を狙っていたのは事実だ。チャンピオンズリーグでは、ビッグチームとの戦い方を知っていなければならないし、どんな相手であってもハードなゲームになる。とにかく準備だけしておかなければならない。」

アンデル・エレーラ

「シティのようなチームを相手に、ボールポゼッションを保つのは難しいと、試合前からわかっていた。彼らはボールを持つために作られたチームだった。でも、ボールを持っていなくても、それほど苦しくはありませんでした。ケイロルが決定的なブロックをしなければならないようなチャンスがどれだけどうかは覚えていない。ハキミがボールに頭を合わせてゴールを回避したことは覚えているが、それ以外はよく守れていたと思う。確かに、もう少しボールを持ったほうがいいし、ボールを持って押したほうがいいとは思うが、前にも言ったように、ピンチはそれほど多くなかった。後半はスタートが良くなり、得点もできた。ネイと試合を決めるチャンスもあったが、決めきれなかった。彼らは相手チームを黙らせるのに十分なクオリティーを持っていた。このことから学べるのは、このチームでは得点できなければやられるということ。私たちは確かにグループ2位だが、昨年は1位だったし、マン・シティ、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンと対戦した。チャンピオンズリーグには簡単なチームや簡単な試合はないから、そのつもりで準備はできている。もちろん、グループリーグの最終戦には勝ちたいと思うし、ベスト16に向けて準備する時間もある。」