パトリック・エムボマ「日本とパリ・サン=ジェルマンは完璧なパートナー」

ビデオクリップ

1990年から97年までルージュ・エ・ブルーの選手だったエムボマは、今夏のジャパンツアーのアンバサダーとして、日本での経験をもとに、なぜパリジャンの来日が日本での熱狂を呼び起こすのかを説明した。

パトリック、あなたは今回のツアーのアンバサダーですが日本滞在中の役割は何でしょうか?

このツアーのアンバサダーに選ばれたことは、本当にラッキーだった。
パリ・サン=ジェルマンでプレーしていたから、そして日本でプレーしていたからだろう。私の役割は、チームをサポートし、クラブがここにいることをいかに喜んでいるかを伝えること、そして日本の美しさを伝えること。本当に光栄なことで、誇らしいことだね。私は、元選手であることに加え、パリ・サン=ジェルマンのファンであることを隠したことはない。このツアーはユニークなもので、参加できることをとても誇りに思っているよ。

ここ数年、日本ではサッカーがかつてないほどの人気を博しています。どのように説明しますか?

サッカーは、今や日本人の生活の一部となっているスポーツ;3、40年前は違った。今では、本当にメジャーなスポーツになったんだ。スペースがない日本で、サッカースタジアムが7,500m²以上あることを考えると、まず物理的に場所を取る。これは、日本ではサッカーが生活の中に完全に溶け込んでいることを表している。今は、クラブを応援し、サッカーを語り、サッカーに生きなければならない時代が来たんだ。一過性のブームで終わってしまうことも多いが、サッカーはそれを超えている。本当に社会に溶け込んでいるんだ。特に日本代表がワールドカップに出場したことで、サッカーは日本人の心の中に定着したと思う。

では、日本ではビッグクラブはどのように受け止められているのでしょうか?

かつてパリ・サン=ジェルマンは、日本人だけでなく、世界中のサッカーファンの心の中に、今のようなクラブでは無かった。でも、今ではその熱狂ぶりが伝わってくるね。日本のファンを取り込むことに成功したのだと思う。ズラタンやベッカムなど、多くのビッグプレーヤーもクラブのPRに一役買っている。それが今、マルキーニョス、ラモス、メッシ、ネイマール、エムバペと続いている。素晴らしい。サポーターとしてそれを体験するのは難しいが、地理的に離れている日本人にとって、選手たちと一瞬でも一緒になれるというのは、とても幸せなことだと思うし、だからこそ、毎日クラブで見られるこの状況に熱狂するのは理解できる。パリ・サン=ジェルマンは世界のビッグクラブと同じカテゴリーに入り、熱狂的なサッカーファンである日本の人々は、パリ・サン=ジェルマンというチームを愛しているんだ。その証拠に、パリ・サン=ジェルマンの練習を見るためだけに、13,000人もの人々がスタジアムを埋め尽くすほどの賑わいを見せている。

では、プレシーズンを成功させるために、パリと日本はベストマッチでしょうか?

そうだと思う。戦略的に重要なのは、チームがきちんと準備をすることだと思う。なぜなら、もうすぐ試合が始まるが、日本では、組織と準備という2つのものが重要視されるんだ。全てが秒刻みで完璧に準備されていて、みんなとてもプロフェッショナルな仕事をしてくれるし、真剣に取り組んでくれる。プレシーズンを過ごすのに完璧な場所だと思うよ。