パリ・サン=ジェルマンが新宿にポップアップストアをオープン

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンは、日本でのツアーに合わせ、東京・新宿のエディフィス1階に200㎡のポップアップ・ストアをオープンした。2022/23シーズンのアウェーキット・ジョーダン・コレクションの早期発売や、日本人デザイナーNIGO、VERDY、山木真氏とのコラボレーションなど、この1週間限定のアイテムが登場する予定で、ストアは7月25日までオープンしている。

パリ・サン=ジェルマンは、日本上陸にあたり、ナイキ/ジョーダンコレクション、ヴィンテージユニフォームシリーズ、ベイクルーズグループと共同でデザインしたジャパンツアー2022コレクション(Tシャツ、パーカー、キャップ、アクセサリー)を発表している。

719日の2022/23シーズンのアウェーキット・ジョーダンユニフォームとコレクションの発売を記念して、先着50名のが2日後の722日にクラブが企画する日本を代表するデザイナー山木誠、NigoVerdyが参加する素晴らしいイベントへご招待される。販売されるのは、3人のスター選手のサイン入り試合ポスター、山木真氏デザインのユニフォーム、ヴェルディ・コレクション(Tシャツ、パーカー、キャップ、バンダナ、アクセサリーなど)。ヴェルディ氏は、このイベントのために特別なデザインを作成し、参加者はそのデザインをユニフォームにプリントすることができる。

VERDY氏は、大阪出身で現在東京に住むグラフィックアーティストで、Girls Don't CryWasted Youth、パンダとウサギのキャラクターVick、そして最近ではVistyの象徴的なプロジェクトで知られている。VERDY氏は、NikeInstagramDover Street Marketなどのブランドとコラボを行っている。2021年には東京の村上隆氏のギャラリー、カイカイキキで初の個展を開催し、現代美術界に参入している。

「パリ・サン=ジェルマンは、2014年から日本でショップインショップをオープンし、日本の著名なセレブと限定コレクションをデザインしている世界で唯一のクラブです。」と語るパリ・サン=ジェルマンのチーフブランドオフィサー、ファビアン・アレグレ。「今日、私たちはその決断を下したことを嬉しく思っています。ファンの皆さんはパリ・サン=ジェルマンというブランドを愛していますし、日本のデザイナーもこのようなプロジェクトにとても意欲的です。今週はさらにサプライズが用意されていて、お披露目が待ち遠しいです!」

パリ・サン=ジェルマンのポップアップストアは、725日までオープンしており、住所は以下の通り:東京都新宿区新宿3-31-9

2018年以降、日本におけるパリ・サン=ジェルマンのオフィシャルストアとグッズ販売店のネットワークは飛躍的に拡大し、現在では以下の通りとなっている。

- PSGショップ 渋谷パルコ、渋谷パルコkfe、名古屋パルコ

- ショップインショップ エディフィス16店舗、417 by エディフィス3店舗、ベイクルーズ仙台店・福岡店

- キャラバンネットワーク 浦和、鹿児島

また、PSG photostoreでは、2022年日本ツアー初戦、パリ・サン=ジェルマン対川﨑フロンターレの際にNIGOがデザインした公式ポスターが販売されている。ポスターには、PSGのオフィシャルマスコット「ジェルマン・ル・リンクス」とJ1リーグ・川崎フロンターレのオフィシャルマスコット「フロンタ」が描かれている。