マウリシオ・ポチェッティーノ監督:「大きな目標だ」

記者会見

パリ・サン=ジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のクラブ・ブルッヘとの試合の前日にメディア会見に臨んだ。

ブルージュ

「彼らが近年、ベルギーリーグで好調なチームであることは間違いない。フィジカルの強いチームで、魅力的なサッカーをするし、ここ数試合では5-3-2から4-3-3へとシステムを変えている。試合によって自分たちのゲームプランを変えることができる。チャンピオンズリーグにはヨーロッパで最も強いチームが参加する。彼らに敬意を払い、この試合に勝つために必要なものすべてを出し切ることが大事だ。」

スタメン

「まだスタメンは決めていない。火曜日の練習後に決めることにした。まだいくつかの疑問点がある。優勝候補?メンバーをみえれば、PSGとチェルシーの2チームが優勝候補であるだろうけど、チェルシーは昨季の王者だ。この夏、パリよりもさらに多くの投資をしている。彼らこそが倒すべきチームだろう。PSGは多くの選手を獲得したけど、強いチームになるための基盤を確立する必要がある。」

チーム

「結果の評価はシーズンの終わり行われる。どのクラブにもプレッシャーはある。PSGにとってチャンピオンズリーグが大きな目標であることは周知の事実だ。メンバーの選択?難しいことではない、いや、簡単なことだ。12年間の監督生活で、選択肢の少ないクラブにいたこともある。ここでは、35人の選手がいるから、誰を起用するか選ぶことができる。その選択は、結果によって裏付けられなければならない。だけど、選手起用はスポーツに関するもので、それ以外の理由に基づくものではない。」