パリがブレストに快勝!

トップチーム

リーグ1第21節でブレストを2-0で下したパリ・サン=ジェルマンが首位をキープした。2022年パルクでの初戦を振り返ってみよう!

忙しい1月の最中、パリ・サン=ジェルマンはパルク・デ・プランスに戻り、スタッド・ブレストと対戦した。2022年、本拠地での初戦。ホームでの無敗記録を更新し、首位の座を固めようという強い意志を持って臨んだPSG。マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるチームは数名の選手を欠いたものの、アンヘル・ディ・マリアが復帰し、キリアン・エムバペとマウロ・イカルディと共に前線に並んだ。

この土曜日の夜、ミシェル・デル・ザカリアン監督率いるブレストとの対戦は、いつも自分たちのサッカーをプレーをすることを好む2チームの間で、観る者を沸かす展開が期待されていた。そして、その期待は裏切られることはなかった。特にブレストのGKマルコ・ビゾットは、アンヘル・ディ・マリア、キリアン・エムバペ、マウロ・イカルディの攻撃に対して、頑なに自軍ゴールを守り続けなければならなかった。しかし、この試合で最も美しいアクションが起こったのは、ジージョ・ドンナルンマが相手の至近距離からのシュートをセーブした時だった。このイタリア人キーパーは、カルドナのシュートを見事にセーブし(9分)、その後の試合の流れを決定づけた。攻撃に専念する両者は、互いに一撃必殺の覚悟で臨んだのだ。

首都の寒さの中で、会場の温度はどんどんヒートアップしていく。キリアン・エムバペに素晴らしいパスを送り、先制点をもたらしたのは、積極的な動きを見せたジニ・ワイナルドゥムだった。世界王者がニアポストに放った突然のシュートは、2人のディフェンダーとブレストのゴールキーパーを唖然とさせた(1-032分)。

ブレーク後、ワイナルドゥムに代わってダニーロが途中出場し、攻撃を続ける。中盤ではマルコ・ヴェラッティがポストを直撃するシュートを放ち、ゴールに迫った(48分)。この試合では、2人のフルバックを使った見事な動きでPSGが突破口を開いた。ヌーノ・メンデスの左からのクロスがティロ・ケーラーに渡り、彼は2試合ぶり2度目のゴールを決めたのだ(2-053分)。

快適な前半を過ごしたパリジャンたちは、首都に降り注ぐチャンスの雨からもわかるように、まだまだ試合を楽しみたいようだった マルキーニョス、イカルディ、エムバペが、後半だけで7本ものシュートを放ち、パリが一度も苦しむことなく、ブレストを苦しめたのだ。試合の主導権を握ったマウリシオ・ポチェッティーノは、セルヒオ・ラモスとシャビ・シモンズを投入し、戦術的な変更を行った。

非常にプロフェッショナルなチームのパフォーマンスにより、パリ・サン=ジェルマンはパルク・デ・プランスでの2022年のホーム初戦で勝ち点3を獲得し、順位表の1位を固めた。我らがパリジャンたちは8日後、アウェーのスタッド・ドゥ・ランスでランスと対戦する。