ミュンヘンでの貴重な勝ち星!

トップチーム

アウェーにてチャンピオンズリーグ準々決勝対バイエルン・ミュンヘン第1戦に臨んだパリ・サン=ジェルマンは勇敢なパフォーマンスを見せ2-3で勝利した。

ラウンド16でバルセロナを破ったPSGは昨シーズンの王者バイエルン・ミュンヘンと対戦した。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は大雪の中スター選手を中心としたイレブンをスタメンに選ぶ。

ラウンド16でバルセロナを破ったPSGは昨シーズンの王者バイエルン・ミュンヘンと対戦した。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は大雪の中スター選手を中心としたイレブンをスタメンに選ぶ。

ラウンド16でバルセロナを破ったPSGは昨シーズンの王者バイエルン・ミュンヘンと対戦した。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は大雪の中スター選手を中心としたイレブンをスタメンに選ぶ。

バイエルンは前半終了間際にエリック・マキシム・シュポ=モティングが1点を返す(1-238分)。後半に入ってもリズムは下がるどころか逆に激しさを増し、ネイマールとエムバペが相手ディフェンスを脅かす(51分)。一方、ケイラー・ナバスは何度もゴールを死守する(51分、52分)が、60分にトーマス・ミュラーのヘディングシュートで同点に追いつかれる(2-2)。

しかし相手の怒涛の攻撃を凌いだPSGは素早いカウンターからキリアン・エムバペが個人技でゴールを決める(2-367分)。この日のPSGはゴール前で無慈悲に相手を襲う気迫を見せた。

試合はこのまま終了し、準々決勝の第1戦はPSGがアウェーで勝利した。来週にはパルク・デ・プランスで第2戦が行われる。