リーグ・アンのPSG対アンジェの試合前に東京五輪のメダリストたちがパルク・デ・プランスで表彰

クラブ

パリ・サン=ジェルマンは、10月15日(金)にパルク・デ・プランスで開催されたリーグ・アン第10節対アンジェ戦で(試合は2-1でPSGが勝利)、東京2020オリンピックでメダルを獲得した女子サッカーチーム、ハンドボールチーム、柔道チームの15選手を祝福した。

カナダのサッカー選手ステファニー・ラベー、ジョーディン・ハイテマ、アシュリー・ローレンス(金)、スウェーデンのアマンダ・イレステト(銀)、フランスのハンドボール選手ヤン・ジェンティ、ヴァンサン・ジェラール、ネディム・レミリ、ルカ・カラバティッチ、ニコラ・カラバティッチ(金)、デンマークのミケル・ハンセン、ヘンリック・トフト・ハンセン(銀)、スペインのフェラン・ソレ(銅)、フランスの柔道選手アマンディーヌ・ブシャール(個人銀・団体金)、ロマヌ・ディッコ選手、テディ・リネール(個人銅・団体金)は、パリ・サン=ジェルマンのナーセル・アル=ヘライフィー会長に温かく迎えられた。

一部の選手は試合前のライブ放送に参加し、その後15選手はフランスのパラリンピックメダリストであるシャルル=アントワーヌ・クアクー(陸上競技、400メートルT20で金)、エリオ・ラチュマナヤ(柔道、90キロB3で銅)の4名を伴って登場した。トレゾール・ゴーティエ・マクンダ(陸上競技、400メートルT11で銅メダル、ガイドのルーカス・マトナと一緒に東京大会に出場)、サンドリーヌ・マルティネ(柔道、48キロ級B2で銀メダル)は、パリのサポーターたちと一緒にラップをして歌を披露した。

ルカ・カラバティッチは、「人々の反応や、メダルが彼らに与えた影響、そして周りからサポートを受けることは、いつも素晴らしいものだ。」と述べた。また、アシュリー・ローレンスも、「みんなが一緒にメダルを祝ってくれているのを見ると、最高の気分になる。応援してくれていることを実感し、とても幸せな気持ちになった」と語った。

PSGの逆転勝利で幕を閉じたこの夜は、テディ・リネールとともに「キックオフ」に参加したサンドリーヌ・マルティネにとっても特別なものとなった。「このような場所での受賞は、もちろんとても素晴らしいことだ。パリ・サン=ジェルマンの本拠地で栄誉に浴することは、本当に素晴らしいこと。PSGで女子サッカー、ハンドボール、柔道の各チームが設立されたのは、もちろんサッカーのおかげだから、私たちにとっても本当に嬉しいことだ。東京五輪では、素晴らしい時間を過ごすことができたし、それが一番の目的だった。私たちのことを祝福してくれたクラブに感謝したい。」