女子チームがランスに勝利

女子サッカー

オリヴィエ・エシュアフニのチームはシャンパンの産地で3対1での勝利を収めた。

ギャンガン(1-1)とリヨン(0-1)に2試合連続で残念な結果に終わった赤青のチームは、修正を試みていた。バルティモールのヘッドが早速トゥリ=ジョイスに仕事をさせるが(9分)、シモンがエンドレルを試した(23分)直後にホームチームが先制をする(1-0、25分)。カトトが大きく外し(26分)、デブリッツ(31分)とドゥデク(39分)がともにヘッドで枠をとらえきれず、反対側のエンドではエンドレルがエレーラのシュートを2回防いだ(29分、41分)。

後半開始直後、デブリッツのフリーキックがドゥデクの同点ヘッドを生み出し(1-1、49分)、その15分後、ディアロがゲヨロへスルーパスを出し、彼女がトゥリ=ジョイスを破り逆転する(1-2、64分)。そして、ローレンスのクロスからのディアニの素晴らしいシュートが勝利を決定づけた(1-3、78分)。パリが勝ったことにより日曜日にソヨーと対戦するリヨンと勝ち点で並んだ。パリの次節は、12月7日15時30分(CET)、スタッド・ジャン・ブーアンでモンペリエとである。

スタッド・ランス対パリ・サン=ジェルマン:1-3(1-0)
1部第10節
スタッド・オーギュスト・ドローヌ
得点:フェラー(25分); ドゥデク(49分)、ゲヨロ(64分)、ディアニ(78分)
ランス:トゥリ=ジョイス - ドゥークーレ、クラヴェッツ、スピネッリ(c)、シモン - コルボズ(フィリップ、65分)、ダヴィド(ゴメス、79分)、ラップ - エレーラ、ロマネンコ(ルー、71分)- フェラー。監督:アマンディーヌ・ミケル。
パリ・サン=ジェルマン:エンドレル - ペリセ、パレデス(c)、ドゥデク、ローレンス - ゲヨロ、ディアロ、デブリッツ - ディアニ、バルティモール(セビク、79分)- カトト(ホイテマ、79分)。監督:オリヴィエ・エシュアフニ。

Vos places pour Paris Saint-Germain - Montpellier Hérault FC >>>