ローレンス出場のカナダが初戦白星

女子サッカー

パリ・サン=ジェルマンのアシュリー・ローレンスとジョーディン・ウイテマが招集されているカナダ代表は、モンペリエで行われた2019FIFA女子ワールドカップ初戦でカメルーンに1-0の勝利を収めた。

カナダ - カメルーン:1-0(前半1-0)
FIFA女子ワールドカップ2019 - グループE第1節
スタッド・ドゥ・ラ・モソン・エ・デュ・モンディアル98(モンペリエ)
得点:
ブチャナン(45分)
カナダ: ラッべ - ローレンス、ブチャナン、ザドースキー、チャップマン - プリンス(75分ローズ)、スコット、シュミット、ベッキー - シンクレア (c)、フレミング 監督:ケネス・ハイナー=メラー
カメルーン: エンドム - アウォナ、マニー (c)、ジョンソン - レウコ、フジオ、ヤンゴ(82分メヨング)、メフォメトゥ - エンジョヤ・アジャラ(67分アカバ)、アブディ・オンゲネ - エンドゥンブク(68分エンガナムイ) 監督:アラン・ジュムファ