ヴィティーニャ、2027年までパリ・サン=ジェルマンに在籍決定

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンは、ポルトガル代表のヴィティーニャを獲得したことを発表しました。ポルトからの移籍で、5年契約となる。

11歳でポルトに入団したヴィティーニャは、ユースアカデミーから進み、2020年のポルトガルカップ準々決勝、ヴァルジンSC戦でトップチームデビューを果たした。

その後、サント・ティルソ出身のヴィティーニャは、2020/21シーズンにイングランド・プレミアリーグのウォルバーハンプトン・ワンダラーズにレンタル移籍し、初の海外経験で22試合に出場しています。

昨夏、ポルトに復帰したヴィティーニャは、47試合に出場し、国内リーグカップのダブル優勝に貢献した。

22歳の選手は、様々な年齢のカテゴリーを経験し、昨年3月の2022 FIFAワールドカップのプレーオフでシニア国際デビューを果たし、現在ポルトガル代表として3試合に出場している。