期待を裏切らない親善試合!

トップチーム

自由奔放なだけに見ごたえのある試合を展開したパリ・サン=ジェルマンは、リヤド・シーズンチームと対戦し、勝利を収めた。試合の展開を振り返ってみましょう!(5-4)

アラビア半島への感動的な旅の終わりに、首都サウジアラビアのクラブは、キング・ファハド・スタジアムの照明の下での親善試合で、そのサウジアラビアツアーを締めくくった。レ・パリシアンは、アル・ヒラルとアル・ナスルの優秀な選手で構成され、キャプテンのクリスティアーノ・ロナウドが率いるリヤド・シーズン・チームと対戦した。クリストフ・ガルティエはメッシ、ネイマールJr、エムバペの天才トリオをカタール・ワールドカップ以来、初めて先発で起用した。

木曜日の夜、リヤドでの試合に遅刻するわけにはいかなかった。新しい4thキットを背負ったレ・パリシアンは、明るいスタートを切り、すぐにでも試合を始めたいという意欲を見せた。ネイマールjrからの完璧なパスがチームメイトのレオ・メッシに渡り、メッシはゴール裏を突き、ゴール祭りを盛り上げた。(1-0、3分)

そして、レオ・メッシの後に応えるのに、クリスティアーノ・ロナウド以上にふさわしい人物がいるだろうか。PKを獲得した後、ロナウドはその場でミスをしなかった(1-1、34分)。  しかし、主審がフアン・ベルナトにレッドカードを出すと(39分)、事態はもっと複雑になっていた。しかし、そのわずか3分後にキリアン・エムバペの完璧なクロスに、キャプテンのマルキーニョスがゴールを決めた。(1-2, 41分)

しかし、クリスティアーノ・ロナウドはまだ終わっておらず、ブレイクの前半終了直前にゴールを決め、2点目を決めた(2-2、45+6)... キング・ファハド・スタジアムのサポーターたちは、この試合に魅了され、スコアが同点に戻ったことで、後半戦のサスペンスが整った。

そして、スペシャルマッチマッチにはスペシャルなモーメントが必要だ!見事な連携、技術的なひらめき、電光石火の突破。我々の攻撃的トリオは、常に魅力的なプレーと効率性を兼ね備えていた。キリアン・エムバペは、今回もそれを証明し、どんなスタイルでもプレーができることを。左サイドのキリアン・エムバペは、何度も破壊的な走りを見せ、セルヒオ・ラモスにこの夜2回目のアシストとなる素晴らしいクロスを送った(2-3、53分)。そして、キリアンはペナルティ・スポットからゴールを決め(3-4, 60分) 、敵も同点弾を応えた。(3-3, 56分)

クリストフ・ガルティエはこの状況を利用し、印象的なクロスからゴールネットを揺らしたヒューゴ・エキティケ(3-5、75分)とPSGユースアカデミー出身のイリエス・フスニをピッチに送り出す。そして、サウジアラビア側の追加点(4-5, 94分)により試合終了のホイッスルが吹かれるまでは、賑やかで楽しい夜が続いていた。この親善試合後、パリ・サン=ジェルマンはすぐに大会モードに戻り、月曜日のクープ・ドゥ・フランスを皮切りに、あらゆる面でチャレンジしていくことになる。