アンジェ戦で仕事をこなすパリジャン

トップチーム

リーグアン第18節が行われ、パリ・サン=ジェルマンはアンジェを下し、首位に返り咲いた(2-0)

クープ・ドゥ・フランスでの楽しい中断期間を終え、我らがパリジェンはリーグ1の任務に戻るためにホームグラウンドに戻った。パルク・デ・プランスにやってきたのは最下位のアンジェで、相変わらずの熱狂的な雰囲気に包まれていた。この日のためにクリストフ・ガルティエはメンバーを入れ替え、レオ・メッシネイマールJrが復帰し、ヒューゴ・エキティケを前線でサポートした。 

技術的な質、集団的な流動性、守備の厳しさ、攻撃的な創造性、そのすべてが発揮されたのだ。メッシとネイマールJrのコンビが創意工夫を凝らし、パリジャンは相手にボールをあまり触らせないようにした。先制されるのは時間の問題だった。メッシのパスを受けたノルディ・ムキエレがオーバーラップした後、ヒューゴ・エキティケがマーカーよりも早く、完璧なシュートを放ち、ゴール裏へ突き刺した(1-0、5分)

The Red and Blue continued to apply the pressure, making numerous inroads into the opposition's box, both in open play and from set-pieces, like with Sergio Ramos' powerful header (23'), Leo Messi's brilliant shot (32'), or another effort from Hugo Ekitike (58'), all of which were saved by Bernardoni.

クリストフ・ガルティエのチームは、1時間経過後もポゼッションを支配し、あきらめずにカウンターの脅威を与え続けるアンジュベインのチームに対して、チャンスをうかがい続けた。しかし、レオ・メッシは、まだ、このゲームに影響を与えなければならない。アルゼンチンの魔術師は、中盤で動き出し、ノルディ・ムキエレとのワンツーで、かわいらしくゴールを決めた(2-0、73分)。メッシのパスからネイマールJrが放ったシュートは、オフサイドの判定で無効となった(83分)。

しかし、パリ・サン=ジェルマンは余裕のある態勢で、試合終了までリードを保った。非常に強いパフォーマンスを見せたパリ・サン=ジェルマンは、リーグ1での躍進を再開する。クリストフ・ガルティエ率いるチームはパルク・デ・プランスで素晴らしい無敗記録を更新している。日曜日にはレンヌとの対戦が控えているが、その前にしっかりと仕事をこなした格好だ。