Stats & Facts:PSG対モナコ

トップチーム

3対3で終わったホームのモナコ戦の主要なスタッツと事実をチェックせよ…

1

パリは2019年5月4日(対ニース、1-1)以来となるリーグ・アンでの引き分けを記録した。パリはリーグ・アンで17勝4分を記録している。

/media/80393/papier-1.jpg

3

ネイマールは開始2分4秒で得点を挙げている。今季のリーグ戦最速ゴールとなった。ブラジルの英雄は、パリに加入してから62分毎に1点に絡んでおり(4190分で44得点24アシスト)、同じ期間ではリーグ・アンで1番の記録となっている。

/media/80394/papier-2.jpg

5

前半で5得点という記録は、2018年4月15日にパリとモナコの間で行われたリーグ・アンの試合に並ぶリーグ・アンの記録となった。パリは2010年10月24日のオセール戦(2-3)以来初めてホームで3失点を喫した。

/media/80396/papier-3.jpg

200

パリのキャプテンのチアゴ・シウヴァは、パリの選手として200のリーグ・アンの試合に出場した。ブラジル代表のディフェンダーはこの記録を達成した15人目の選手であり、ジャン=マルク・ピロルジェ(371試合)、サフェト・スシッチ(287試合)、シルヴィアン・アルマン(285試合)、ムスタファ・ダーレブ(268試合)、ジョエル・バツ(254試合)、ポール・ル・グウェン(248試合)、エリック・ルノー(247試合)、ベルナール・ラマ(242試合)、ドミニク・バラテッリ(239試合)、ドミニク・バトナイ(230試合)、ルイス・フェルナンデス(225試合)、ダニエル・ブラボー(217試合)、ジャン=クロード・ルモール(217試合)、 フランク・タナシ(215試合)、とドミニク・ロシュトー(204試合)に次いでいる。

/media/80397/papier-4.jpg

300

パリ・サンジェルマンのミッドフィールダーはパリで300の公式戦に出場することを達成した。パリと契約を交わしてから、リーグ・アン195試合、クープ・ドゥ・フランスに20試合、クープ・ドゥ・ラ・リーグ21試合、トロフェ・デ・シャンピオンに7試合と57ものUEFAチャンピオンズリーグに出場した。パリの歴史では、ジャン=マルク・ピロルジェ(435試合)、シルヴィアン・アルマン(380試合)、ポール・ル・グウェン、サフェト・スシッチ(344試合)、ベルナール・ラマ(318試合)、ムスタファ・ダーレブ(310試合)とチアゴ・シウヴァ(303試合)がそれを越す記録を残している。