今年最後のパルクでモナコ相手に勝利を飾ったPSG

トップチーム

リーグ・アンの第18節で、パリ・サン=ジェルマンがASモナコを下した(2-0)。この試合を詳しく振り返ってみよう!

クリスマスカラーに彩られたパルク・デ・プランスにて、パリ・サン=ジェルマンは2021年最後のホームゲームでASモナコを迎え撃った。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、このフランスサッカー界における伝統的な一戦のために、4-3-3を採用し、中盤と攻撃の3人組はブルージュ戦と同じメンバーとなった。

昨季の対戦を含めて嫌な記憶の残るASモナコは、PSGにとって本当に厄介なチームだ。そして、この試合でも、2分にディオプが放ったシュートがポストに当たるなど、簡単にはいかないことを予感させる。パリはすぐに反撃に転じ、日曜日の夜にモナコを苦しめたのは、かつてこのクラブに所属し、シーズン開幕以来、信じられないほどの好調ぶりを見せるキリアン・エムバペだった。そして、シディベがアンヘル・ディ・マリアにファウルを犯して得たPKをエムバペが落ち着いて決めたPSGが先制した(1-0, 9分)。

その後、レ・モネガスクは反撃を試み、ドンナルンマのエリア内で何度もチャンスを作った。しかし、イタリア人GKはベン・イェデルのシュートを阻止した(24分)。その後、両者はカウンターで相手を攻撃し、素晴らしいエンド・トゥ・エンドのサッカーを展開した。そして、最高のタイミングで、PSGが再び攻撃を仕掛けたのである。レオ・メッシのカウンターから、アルゼンチン人のキリアン・エムバペが完璧に相手をかわし、見事にゴールネットを揺らしたのだ(2-0, 45分+1)。これが彼にとってパリでの100ゴール目となった。

この2点目により、後半モナコの反撃が激しくなったのは当然のことだ。しかし、パリジャンはコンパクトに試合を進めボールをキープすることと、優れたダイレクトパスでリズムを変えることを交互に繰り返す。その結果、レオ・メッシは3度にわたってゴールに迫り、わずか数センチの差でゴールを逃した(65分、71分、80分)。

パリ・サン=ジェルマンは、パルク・デ・プランスでの今年最後の試合で見事な勝利を収め、ホームで今季無敗という非常にポジティブな記録を更新した2021年、残るは2つのアウェー戦で、北の地でフェニエ(フランス杯)と、ブルターニュの地でロリアン(リーグ戦)と対戦する。