パリ・サン=ジェルマンが2022年トロフェ・デ・シャンピオンを獲得

トップチーム

テルアビブのブルームフィールド・スタジアムで行われたナント戦に4-0で勝利し、パリ・サン=ジェルマンはトロフィー・デ・シャンピオン優勝を果たし、史上11回目の優勝を記録。

クリストフ・ガルティエ監督のチームは、メッシ、ネイマール、ラモスのゴールにより、2022-2023年シーズンの最初の対戦となる試合で勝利を収めた。リオネル・メッシがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

パリ・サン=ジェルマンは、フランスで最も成功しているクラブであり、現在47のトロフィーを獲得している。この大会では過去10年間で9回目の優勝を果たしている。



2011年にカタール・スポーツ・インベストメンツがクラブを買収して以来、パリ・サン=ジェルマンのトップチームは、9つのトロフィー・デ・チャンピオンを含む29のタイトルを獲得している。