パリ、スタッド・ボレールに敗れる

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンは、リーグ・アン第17節で好調のランスに3-1で敗れ、今季初黒星を喫した。ルージュ・エ・ブルーはリーグの首位をキープしている。

パリは、レ・サン・エ・オールが今シーズン負けなしというランスで、スリリングで激しい戦いを期待していた。この試合は、リーグ・アン屈指の実力を誇る2チームによるフランス・サッカーのショーケースと銘打たれていた。カルロス・ソレルとヒューゴ・エキティケがキリアン・エムバペの攻撃陣に加わり、アクラフ・ハキミがディフェンスの左サイドに入るなど、多くの選手が欠場する中、クリストフ・ガルティエは新体制の先発メンバーを起用した。

試合は序盤から活気づいた。高いインテンシティ、速いテンポ、優れた技術、妥協のないデュエル・・・この上位対決に必要なすべての要素が揃っていた。

最初の攻撃で、フランクフルトが至近距離からゴールを決めた(1-0、5分)。しかし、レ・ルージュ・エ・ブルーはすぐに反撃に出る。ヒューゴ・エキティケがゴール前に侵入し、コントロールしながらシュートを放ち、ゴールネットを揺らした(1-1、9')。

リーグ最高のディフェンスを持つ2チームは、序盤に突破された後、主導権を奪い返した。キリアン・エムバペとヒューゴ・エキティケは何度もチャンスを得たが、突破口を見出すことはできなかった。一方、レ・サン・エ・オールは得点を重ねる。フォファナがオペンダにスルーパスを出し、ホームチームがリードした (2-1, 30') 。

両チームが互角に渡り合う、非常にオープンな試合展開で、最初の1分から最後の1分まで激しさがあった。ガルティエ監督はベンチから新しい血を注入し、我らがパリジェンヌは最後の30分、奔放にすべてを投げ出した。レンズは後退させられたが、フランク・ハイセの部下はパリの攻撃の波に次ぐ波に抵抗することができた。

結局、パリは試合を振り出しに戻すための決定的な2点目を奪うことができず、今シーズン初の敗北を喫することとなった。しかし、パリはリーグ首位をキープしている。多くのキーパーソンが戻ってきたパリは、今週金曜日、クープ・ドゥ・フランスのラウンドオブ64でシャトールーに乗り込み、早期の巻き返しを図るだろう。