パリ対トロワは同点で終了

トップチーム

リーグアン第36節、パリ・サン=ジェルマンはトロワと引き分けた(2-2)。

歴史的な10回目のリーグ優勝を既に手に入れたパリ・サン=ジェルマンは、王者としての地位に恥じないよう、パルク・デ・プランスで行われた2021-22シーズンの最後の試合にトロワを迎えた。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、レオ・メッシ、アンヘル・ディ・マリア、ネイマール・ジュニアに加え、キリアン・エムバペを先発させ、極めて攻撃的な布陣でスタートさせた。

そして、試合は電光石火のスピードで始まった! アンヘル・ディ・マリアが印象的なスタートを切った後、彼のシュートはジェシ・ムーランに押し出されたが、マルキーニョスがディ・マリアからの珠玉のパスをつなぎ、先制点を決めた(1-0、6分)。攻撃的なトロイの木馬を相手に、チームのバランスは見事なものだった。

エスタックのディフェンスを突破し、キリアン・eエムバペがボックス内で倒され、。このPKをネイマールJrが決め、レ・パリシアンのリードを2倍にした(2-0、25分)。しかし、エスタックも負けじと攻め続け、ウグボのゴールで一点差になった(2-1、30')。

レオ・メッシのシュートがジェシ・ムーランのポストを直撃し、パルクは息を呑んだが、ネイマールがそのリバウンドをゴールに押し込んだ... (37') 残念ながら、オフサイドポジションからだった。その後、何度もチャンスを得たが、トロワのキーパーに全て防がれた。

しかし、その後、エスタックがディフェンスのミスをつき、タルデューがPKを獲得した(2-2、47分)。この試合は、チャンピオンズリーグがピッチ上で努力を怠らないことを示すものであった。ネイマールJrは再びリードを奪ったかと思ったが、ゴールは認められず(57')、マルコ・ヴェラッティも運を試された!

エムバペへのタックル、マルキーニョスの惜しいシュート、メッシが再びポストを叩いたものの、両チームとも互いを打ち消しあい、試合は同点で終了した。パリジャンは2週間後、メスとの最終戦のためパルク・デ・プランスに戻る。次の土曜日には、今シーズン最後のアウェイでのモンペリエ戦が待っている。