ヴェッラッティが最多試合出場歴代3位に

トップチーム

4月28日(水)にパルク・デ・プランスで行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第1戦のマンチェスター・シティ戦(1-2)で、パリ・サン=ジェルマンのマルコ・ヴェッラッティが344試合目の出場を果たし、PSGの最多試合出場ランキングでトップ3入りした。

2012年にPSGに入団してからヴェッラッティは、リーグ1222試合(5ゴール)、フランスカップ25試合(1ゴール)、リーグカップ23試合、トロフェ・デ・チャンピオンズ8試合、UEFAチャンピオンズリーグ66試合(3ゴール)に出場している。昨日の試合に出場したことにより、PSGで試合出場数がサフェト・スシッチ(1982-1991)、ポール・ル・グエン(1991-1998)に並び歴代3位となった。

また、マルキーニョスはかつてのチームメイトであるチアゴ・シウバ(2012-2020)の出場数を1試合上回り、PSGで最も多くの試合に出場したブラジル人選手となった。2013年に入団し、現在はチームのキャプテンを務めるマルキーニョスは、これまでにリーグ1200試合(15ゴール)、フランスカップ27試合(3ゴール)、リーグカップ20試合(2ゴール)、トロフェ・デ・チャンピオンズ5試合、UEFAチャンピオンズリーグ64試合(9ゴール)に出場している。

Most-capped Paris Saint-Germain players:

  1. ジャン=マルク・ピロルジェ435
  2. シルヴァン・アルマン380
  3. ポール・ル・グエン、サフェト・スシッチ、マルコ・ヴェッラッティ344
  4. ベルナール・ラマ:318
  5. マルキーニョス:316
  6. チアゴ・シウバ:315
  7. ムスタファ・ダーレブ:310
  8. エディンソン・カバーニ:301