レ・パリシアンはユヴェを相手に良好なスタートを切る!

トップチーム

エムバペのブレースで、パリ・サン=ジェルマンはユヴェントスに貴重な勝利を収め、チャンピオンズリーグのグループステージをキックオフした(2-1)。この一戦を振り返ってみよう。

目がキラキラ、首都に鳴り響く象徴的な賛美歌、そして燃え盛るパルク・デ・プランスの中の人々の背筋が凍るような熱気でパリ・サン=ジェルマンが今シーズンのキャンペーンをスタートさせるにあたり、その雰囲気はまさに欧州サッカーのクラシックな夜のようであった。しかし、「ルージュ・エ・ブルー」の相手は大陸サッカーの巨人ユヴェントスだが、クリストフ・ガルティエはメッシ、ネイマールJr、エムバペという強力なスターティングイレブンでスタートした。

我々はそれを予想していたが、スタイルの違いはすぐにグラウンドの中で確認された。一方では、パリジャンはピッチの最後の30メートルでその食いつきを見せた。一方、イタリアは守備的で、カウンターアタックで驚かそうとする。しかし、5分に明らかに我々の戦略が功を奏したのだ。 

そして、この首都での試合は、キリアン・エムバペの活躍によって幕を開けることになる。ネイマールJr.の素晴らしいフリックボールを受けた世界チャンピオンは、強烈なボレーシュートを放ち、パルクをパニックに陥れた。(1-0, 5分) サポーターに後押しされ、パリジャンは、意図的に激しい態度をとり、信じられないほどの流動性と攻撃性で、オールドレディを脅かすのに必要な要素をすべて持ってきた。

この精神はピッチの反対側でも見ることができ、ドンナルンマのダブルストップやラモスの素晴らしい介入により、ミリック・ブラホビッチ(19分)というデュオを苦しめるなど、パリ・ディフェンスがビジターのあらゆるチャンスに対してダブルダウンしているのがわかる。決定的なチャンスを前に、ラモスが手を差し伸べる。

 

もしあなたが遅れて到着したなら、キリアン・エムバペがもう一度やってくれる。マルコ・ヴェッラッティがスタートさせ、アクラフ・ハキミがプレーした学生らしい動きから、我らの7番は追いすがるボディーガードよりも早く、素早くネットを揺らし、2度目のゴールを決めた(2-0、22分)。その後、いくつかの素晴らしいプレーが見られた。メッシの天才的な足技、ヴェッラッティの見事なタックル、そしてウイングバックの前線への飛び出しなど、たくさんの素晴らしいプレーを堪能することができた。

しかし、ビアンコネーリに対して、ルージュ・エ・ブルーはリードを維持するために、後半も深く掘り下げる必要があった。イタリアのチームが優勢な時間帯があり、その間にマッケニーがコーナーからゴールを決め、1点を返したからだ(2-1、53分)、厳しい挑戦だった。レ・パリシアンは、最初の見せ場を作った後、厳しい状況の中で持ちこたえるために、青いオーバーオールを身につける必要があった。クリストフ・ガルティエ監督率いるチームは、ペリンのゴールを脅かしつつ、相手を封じ込めることに成功した。

猛烈なスピードと自己犠牲と連帯感で、我らがルージュ・エ・ブルーは最後の笛が鳴るまでリードを保つことに成功したのだ。そして、この素晴らしい勝利を手にしたことで、彼らはヨーロッパでのキャンペーンを最高の形でキックオフすることができたのだ。来週、イスラエルに向かう長い旅の最初の一歩だ。