PSGが浦和レッズに勝利!

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンは、日本ツアー2試合目の親善試合として浦和レッドダイヤモンズと対戦し0-3で勝利した。この試合を振り返ってみよう。

川崎フロンターレに2-1で勝利してから3日後、PSGは日本ツアー2試合目の親善試合で浦和レッドダイヤモンズと対戦した。65千人の観客の前で行われたこの試合は、ルージュ・エ・ブルーの日本での人気の高さを証明するものとなった。また、クリストフ・ガルティエ監督にとっては、新たなチームづくりを続行する機会となり、先発メンバーを入れ替えたが、3バックを採用し、キリアン・エムバペだけが2試合とも先発した。また、若手のワレン・ザイール=エメリの存在とキャプテンマークをつけたマルコ・ヴェッラッティも注目すべき点となった。

土曜日の夜、PSGは、新しい戦術に順応し、運動量を増やし、自信を深め、実戦を行う機会を増やすという目標を掲げていた。そして、彼らは期待を裏切ることなく、終始非の打ちどころのないスピリットを見せた。

とはいえ、この試合決してPSGが楽に勝利したわけではなかった。試合開始直後から、浦和はその能力を発揮し、果敢に攻め込んだ。 ケイラー・ナバスは、開始5分に素晴らしいセーブを見せた。日本のチームの強力なスタートダッシュに巻き込まれたルージュ・エ・ブルーは、運動量を増やし、ボールを支配しようとした。そして、その努力はすぐに報われることになった。ピッチの高い位置でボールを奪い、キリアン・エムバペ、マウロ・イカルディとの連携から、パブロ・サラビアが強烈なハーフボレーで先制ゴールを決めた(0-1、16分)。

その後もホームチームはパリ・サン=ジェルマンの後衛を苦しめるが、3バックは非常に集中力を保ち、ダニーロが最後の最後で見事なクリアを見せ(31分)、同点弾を許さない。そして、キリアン・エムバペは、ボールに触れるたびにその存在感を示した...。背番号7は、フェイントでディフェンダーを完全に置き去りにした後、ニアポストで見事なゴールを決め、スタジアムを沸かせた(0-2、35分)。純粋な芸術と言えるゴールだった。

しかし、2点差というリードはレッズには十分ではなく、ナバスは小泉佳穂のチャンスを防ぐためにダブルセーブを強いられた(41分)。常にプレッシャーをかけ続けられたが、コスタリカ代表GKは負けることなく、完璧なパフォーマンスを見せた。予想通り、後半には他のメンバーもピッチに入り、先発イレブンが徐々に変貌していった。

もちろん、ネイマールとレオ・メッシの登場は、スタジアムを歓喜に包んだが、ピッチ上でも観る者の心を揺さぶった......。メッシがフリーキックから放った最初のシュートが、その始まりだった(60分)。2人の名手は互いを見つけ出し、ベンチから出場したすべての選手が役割を果たす、楽しくてオープンな後半30分となった。ヌーノ・メンデスのシュートがポストを叩いた後、アルノー・カリムエンドがこの試合2点目となるゴールを決め、リードを広げた(0-376)

PSGは、自分たちのプレーに集中し、日本ツアーで再び勝利を収めた。このツアーは、月曜日に行われるガンバ大阪とのプレシーズン最後の親善試合で幕を閉じることになる。公式戦に戻る前の最後のゲームとなる。