レアンドロ・パレデスがユヴェントスへ移籍

トップチーム

レアンドロ・パレデスが2022-2023シーズン、ユベントスに買い取りオプション付きのレンタル移籍が決定

2010年にボカ・ジュニアーズでプロデビューし、アルゼンチン出身ミッドフィルダーは、その後イタリアのキエーヴォ・ヴェローナ、ASローマ、エンポリで活躍した。

2017年にゼニト・サンクトペテルブルクと契約し、61試合10得点とチームに不可欠な存在となった。

2019年1月、レアンドロ・パレデスはパリ・サン=ジェルマンに移籍し、4シーズンで2019/20チャンピオンズ・リーグ決勝を含む117試合に出場し、フランスリーグ優勝3回、クープ・ドゥ・フランス2回、クープ・ドゥ・ラ・リーグ1回、トロフェ・デ・シャンピオン2回をメダルコレクションに加えた。

パリ・サン=ジェルマンは、レアンドロが新しいカラーで良いシーズンを送れるよう祈っています。