シティとの激闘を制したパリ!

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンは、パルク・デ・プランスの雰囲気に後押しされ、チャンピオンズリーグのグループステージ第2戦で、マンチェスターを相手に勝利を収めた(2-0)。この試合を振り返ってみよう!

チャンピオンズリーグの音楽が鳴り響く中、パルク・デ・プランスでは、1年半ぶりにサポーターの見守る中、ヨーロッパサッカーの夕べを体験することができた。そして、それを記念すべきかのような試合となった!昨季のチャンピオンズリーグで最後に敗れたチームと対戦するためには、PSGはは自分たちの力を発揮する必要があった。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ジージョ・ドンナルンマを初めてチャンピオンズリーグで起用し、ヌーノ・メンデスを先発させ、レオ・メッシとマルコ・ヴェラッティも復帰させた。

ピッチ上では、試合開始早々パリ・サン=ジェルマンがイングランド王者を苦しめ。リオネル・メッシとキリアン・エムバペの見事な右サイドの動きから、エリア内でボールを拾ったイドリッサ・ゲイェがシュートを決めた(1-0、8分)

しかし、このような試合では、輝くだけでなく、苦しみ耐える必要もある。パリは、攻守にわたって相手に立ち向かうために必要なすべての要素を持ち合わせていた。攻撃では、アンデル・エレーラの強烈なシュートがGKエデルソンにセーブされ、その後キリアン・エムバペがディフェンスを突破しようと試みる(38分)。

そして守備では、スターリングとベルナルド・シルバのダブルチャンスは、前者のシュートがバーを叩き(26分)、ドンナルンマもケヴィン・デ・ブラウネのチャンス(37分、54分)を阻み、ディアスのヘディングシュート(43分)を止めた。パリのディフェンスはあらゆるチャレンジに対応していた。歌うことをやめないサポーターたちに触発されて、PSGの選手たちは決して調子を落とさなかった。

何度も何度も相手の攻撃を凌いでは、再び風を起こす。これが、最後の15分におけるパリ・サン=ジェルマンの挑戦だった。 キリアン・エムバペとネイマールは、電光石火のカウンターでマンCにプレッシャーをかけ続けた。そして、この粘り強さが功を奏した。エムバペとの見事なワンツーで、レオ・メッシが完璧なシュートをネットの奥に突き刺し、首都での記録を更新したのでだ(2-0、74分)。そしてスタジアムは熱狂のるつぼと化す!

この素晴らしい雰囲気の中で、パリの選手たちは、シティの攻撃に対抗するためにすべてを引き出す。個性、冷静さ、好戦的な姿勢、そしてパルク・デ・プランスの揺るぎないサポートにより、レ・パリジャンはペップ・グアルディオラのチームを圧倒し、グループAの首位に立った!