ジョルジニオ・ワイナルドゥム:「新しい挑戦に立ち向かう準備はできている」

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンとの2024年6月までの新契約を結んだ、オランダ人MFのジョルジニオ・ワイナルドゥムがユーロ2020の準備をしているオランダの練習場からPSGTVの取材に応じた。

ジニさん、PSGの2021-22年シーズンの最初の契約者ですね!あなたを迎えることができてとても嬉しいです!どんな気持ちですか?

パリ・サン=ジェルマンのようなクラブに入ることができて嬉しいです。もちろん、本当に良い選手がいるクラブですし、良い監督がいて、私が入団する前から話をしていました。そして、PSGはタイトルを目指してプレーするクラブであり、勝つためにプレーするクラブです。チームに参加することを本当に、とても楽しみにしています。このチームについては良い話をたくさん聞きました。もちろん、皆本当に良い選手ですし、チーム内でのあり方についても聞いています。技術的に良いチームであり、仲の良いチームであり、お互いに家族のように接していると聞きました。移籍するとき、選手は同じかそれ以上のもを得ようと思うものです。そして、パリチームから聞いた話はすべてポジティブなものだったので、入団することを楽しみにしています。

 

エールディヴィジ、プレミアリーグを経て、ユーロ2020の直後にリーグ1。あなたはこの新しい挑戦に立ち向かう準備はできていますか?

リーグ1の準備はできています。オランダでプレーしていたときにすでに違う国への移籍を完了していて、ニューカッスルに移籍したので、プレミアリーグを知りました。オランダで数年もプレーしていたのは良かったと思います。時には、自分が新しい挑戦をする準備ができているというのを感じます。そして今、私は新しい挑戦をする準備ができていると思います。新しいリーグにも挑戦したいと思っています。フランスでの挑戦に向けて準備はできています。カップ戦や、もちろんチャンピオンズリーグも楽しみにしています。

パリでの来シーズンの抱負を教えてください。

私の力でチームがチャンピオンズリーグを勝ち取ることができれば最高です。でも、チャンピオンズリーグだけではなく、リーグ戦やカップ戦でも同じです。クラブとサポーターのために、できるだけ多くの勝利を手にしたいと思っています。私のクラブに対するイメージは、まず第一に、信じられないようなチーム、才能ある選手たちがいるということです。サッカー選手であれば、常に最高の選手と一緒にプレーしたいと思うものです。才能ある選手や最高な選手がたくさんいるチームだと感じました。チームを率いる監督は選手をさらに成長させることのできる監督であり、そのような選手たちをまとめて強いチームを作ることのできる人だと思いました。それが私の最初の印象でした。これはいいチームだと思いましたね。それに加えて、もちろん街のことも考えました。パリは素晴らしい街で、私にとっては新しい環境です。私は、この素晴らしいチームで歴史を作ろうと思ってここに来ました。

パリは素晴らしいサポーターのいるクラブです。パルク・デ・プランスでプレーすることを楽しみにしていますか?

パリのファンは素晴らしいですよ。私が以前所属していたチームで対戦したときに見たので、わかります。彼らがどのようにチームをサポートしているかを見ましたし、スタジアムがいかに美しいかを見ました。そして、パリ・サン=ジェルマンでプレーする限り、自分の持っているすべてのものを提供し、毎日ベストを尽くし、ハードなトレーニングを行い、選手として向上することを約束します。うまくいけば、皆さんにたくさんのタイトルをもたらすことができますし、チームがファンの皆さんにタイトルをもたらす手助けができればと思います。