ジョルジニオ・ワイナルドゥムがPSGと2024年まで契約

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンはジョルジニオ・ワイナルドゥムの入団を発表しました。リヴァプールから加入するオランダ代表のワイナルドゥムは、PSGと2024年6月30日までの契約を結びました。

ロッテルダム出身でスパルタ・ロッテルダムのユース卒のワイナルドゥムはフェイエノールト(135試合25得点)で頭角を現し、その後PSVアイントホーフェンに移籍して154試合に出場し56得点をマークし、2014/15シーズンにはオランダリーグ優勝を果たしました。2015年にニューカッスルで一年間プレーした後、ジーニは2016年夏にリヴァプールFCに入団しました。リヴァプールでは2019年にUEFAチャンピオンズとプレミアリーグの両大会で優勝を果たし、237試合に出場し22ゴールをマーク、2020年にはUEFAスーパーカップとFIFAクラブワールドカップも制しました。

現在30歳のジョルジニオ・ワイナルドゥムはオランダ代表でも中軸として75試合出場22得点を記録し、2014年のワールドカップでは3位となりました。A代表の前にもU17U19U21と各年齢層で代表に選出されました。

「パリ・サン=ジェルマンとの契約は新たなチャレンジになる」と契約締結後に語ったジョルジニオ・ワイナルドゥム。「ヨーロッパ最高峰のチームに入団することになる。この野心的なプロジェクトに全力でコミットしていきたい。パリ・サン=ジェルマンはここ数年その実力を証明している。サポーターと共にさらに上を目指していきたい。」