ファビアン・ルイスがパリ・サン=ジェルマンと5年契約を締結

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンは、スペイン代表MFファビアン・ルイスを2027年6月30日までの5年契約で獲得しました。

アンダルシア州のロス・パラシオス・イ・ビジャフランカで生まれたファビアン・ルイスは、レアル・ベティス・バロンピエのユースアカデミーに入団し、2014年12月にトップチームデビューを果たした。同シーズンにスペイン2部のタイトルを獲得すると、2015年にリーガエスパニョーラに参戦。エルチェCFへのレンタル移籍を経て、ベティスのトップチームでの地位を確立し、2017/18シーズンは35試合に出場している。

2018年夏、セリエAのSSCナポリに移籍。イタリアのクラブで過ごした4シーズンの間、ファビアン・ルイスは166試合に出場し、22ゴールと15アシストを記録した。このスペイン人MFは、同クラブの2019/20シーズンのコッパ・イタリアの成功に貢献した。

2017年10月にスペインU21デビュー(14キャップ、5ゴール)、2019年夏のU21EURO優勝に貢献し、大会最優秀選手に選出された。その後、シニアチームへのステップアップを果たし(15キャップ、1ゴール)、2019年6月のフェロー諸島戦でデビューを果たした。ラ・ロハ (スペイン代表)ではEURO2020で3試合に出場した。