クリストフ・ガルティエ:「私たちはこのプレッシャーに対応できるチームである」

記者会見

パリ・サン=ジェルマンの監督は、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のベンフィカとの対戦を前に、報道陣に語った。

ベンフィカ

「今シーズンのスタートから、非常に競争力のあるチームであることを期待している。開幕から無敗のチームであり、見ていてとても面白く、組織力があり、個人レベルでもクオリティが高いが、集団としての強さも素晴らしい。試合が行われ、抽選が決まると、私たちはこのチームをフォローした。彼らがこのレベルにいることに驚きはない。もちろん、ベンフィカはこのグループの優勝候補である。私たちは落ち着いているし、自信満々で試合に臨む。自信満々でここにやってくる。この雰囲気は特別なものだろうし、このスタジアムは本当に厳しい。しかし、私にはその領域で多くの経験を積んできた選手たちがいる。 このプレッシャーに対応できるだろうか?私たちにはその資質があると思う。集中力と決意があれば、非常に危険なチームになれると思う」

試合の鍵になるのは 

「プレッシャーの中でプレーする能力が必要だ。それはPSGのDNAでもあり、監督のDNAでもある。チャンスがあるときは、非常に冷静になる必要がある」

マルコ・ヴェラッティ

「彼は90分間プレーをできる状態である。試合中、結果が決まっているときには、しばしば途中交代しているが、たくさんプレーしてきた。彼は準備ができているし、身体的な問題もない。今週末は出場停止でプレーしていない」

ウイングバックの役割

「我々のシステム、プレースタイルでは、ウイングバックは非常に重要だ。両サイドで連係をとるために、さまざまな工夫をしている。ウイングバックにはとても満足している。彼らは脚力があり、クロスを上げるときのクオリティーも高い、非常に重要な選手たちだ。後方からプレーするときも、最後の30メートルのアタックでも、彼らを使うことにとても重点を置いている」

ポルトガル出身のパリジャン

「私はこれまで数シーズンにわたり、多くのポルトガル人選手と一緒に仕事をしてきた。彼らの方法論、プレーの仕方、選手のオープンマインドさを発見した。そして、うちの選手たちはおしゃべりが好きで、何よりも素晴らしいプロフェッショナルだ。ポルトガルのリーグは常に優れた才能を生み出し、真のノウハウがある。彼らはとても真面目な若者たちだ」