クリストフ・ガルティエ:「この大会を本当に尊重してほしかった」

Réactions

監督と若手選手は、PSGTVに0-7でレ・パリジャンのクープ・ドゥ・フランスでの勝利について語ってくれた。

クリストフ・カルティエ

「素晴らしい雰囲気の中で、質の高いプレーをするチームと対戦し、ディフェンスの仕方やボールの出し方など、私たちを苦しめたよ。この大会、対戦相手、そして月曜日の夜、とても寒かったので、ここに来てくれた人たちに敬意を表したい。だから、とても競争力のあるチームにして、ネイマールとキリアンが一緒にいるところをみんなに見てもらおうと思ったんだ。チームはとても競争力のあるものだった。試合の立ち上がりは少し難しかったが、1点目、2点目を取ってからは、もちろん相手にとっては厳しい展開になったが、雰囲気はものすごかった。それこそがクープ・ドゥ・フランスだ」

抽選は?パリ・サン=ジェルマンには、この大会で優勝するという野望がある。昨年はトロフィーを掲げることができなかったし、優勝するためにはすべての選手を打ち負かさなければならない。特に3日おきに試合があるので、ベスト16の組み合わせになる抽選があるんだ。でも、スタッド・ヴェロドロームで大きなパフォーマンスをするために、その時が来たら準備をしようと思っている」

エル・シャダイル・ビチアブ 

「ここに来て、大差で勝てたのは良かった。まだスタートに立ったばかりなので、次のマルセイユ戦では勝ちたい」
「パリ・サン=ジェルマンとは滅多に対戦できないので、彼らにとってもいいことだと思うよ。彼らはビッグプレーヤーと対戦することを学んでいるし、いいプレーをしてくれたので満足している。ブラボー!」