アレッサンドロ・フロレンツィ:「気持ちとプライドとともに闘いに臨む」

インタビュー

火曜日夜に行われるマンチェスター・シティとのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦を前に、高いモチベーションを見せるアレッサンドロ・フロレンツィがPSG TVのインタビューに応えた。

アレッサンドロ、第1戦では前後半で大きく流れが変わりました。あなたの感想は?

「その通り前後半で大きな変化があった。PSGにとって前半は非常に良かったものの、後半は少しバランスを崩してしまった。相手のゴールは運が良かったと思うけど、PSGも思うようにプレーできていなかった。2点目はさらにラッキーだったし、まだ勝負はついていない。PSGが決勝進出する可能性は残されている。」

前半のプレーを見せればこのマンチェスター・シティを崩せると思いますか?

「もちろんチーム全体がそう思っている。前半のようにプレーすれば勝てるだろうけど、それを90分間続けないといけない。簡単にはいかないだろう。だけどPSGはこういう試合に慣れているし、必要な結果を得られると思う。失うことは何もない。だからベストを尽くしたい。」

ネイマールは疲労が溜まっているが、この試合ではベストを尽くす必要があると言っていました。あなたは彼の考えに同意しますか?

「もちろん。こういう試合では疲労を感じることはない。かかっているものが大きく、モチベーションもプライドもある。チーム、街全体が良い結果を求めている。だからファンに喜んでもらえるようにベストを尽くしたい。それがチームの臨むことで、だからネイの疲労に関する話も当然同意できる。メンタル面が重要になるし、是非試合に勝ちたい。」

PSGはアウェーで2点取る必要があります。それについて不安はありませんか?

「このチームの力からするとそれは不可能ではないと思う。シティはボールをキープするサッカーを好むから、PSGとしてはチーム全体でプレスをかける必要があるだろう。だけどこの試合に関して本当に自信を持っている。素晴らしい結果を出せると信じている。」

PSGはアウェーで2点取る必要があります。それについて不安はありませんか?

「このチームの力からするとそれは不可能ではないと思う。シティはボールをキープするサッカーを好むから、PSGとしてはチーム全体でプレスをかける必要があるだろう。だけどこの試合に関して本当に自信を持っている。素晴らしい結果を出せると信じている。」