チームワーク、トリオの活躍、そして予選突破!

トップチーム

メッシ、ネイマールJr、エムバペのトリオに刺激され、チームの姿勢と同様に印象的だったパリ・サン=ジェルマンは、マッカビ・ハイファを倒し、その結果チャンピオンズリーグのラウンド16への出場権を獲得した(7-2)。勝利の瞬間を振り返ってみよう!

火山のような雰囲気、ヨーロッパの特別な夜、獲得すべき予選:これがクラブサッカー界で最も権威ある大会でルージュ・エ・ブルーを待ち受けていた光景であった。レ・パリジャンは、決勝ラウンドへの進出を決め、マッカビ・ハイファに勝利した。同じシステムを採用しながらも、クリストフ・ガルティエ監督はスタメンを若干変更し、ネイマールJr、リオネル・メッシ、キリアン・エムバペの攻撃陣の後ろに、ファビアン・ルイス、ヴィティニャー、レナト・サンチェスの中盤トリオを起用することになった。

この日の課題は明確だった。これほどまでに攻撃的で組織化された相手に対し、いかにして突破口を見出すか。そのためには、パリジャンは連帯感と激しさ、そして寛容さを必要とする。試合開始直後から、ホームチームは次々とチャンスを作り出し、このトリオに期待されるクリエイティビティを発揮した。ネイマールJrはファビアン・ルイスのパスを受けて最初のチャンスを作り、エムバペのスルーパスで18分には最も大きなチャンスも作った。

フランス人選手からの珠玉のパスの後、1分も経たないうちにパルク・デ・プランスが爆発したのだから、がっかりしている暇もなかった。そして、リオネル・メッシは、ボールを見事にゴールネットの反対側の隅に流し込んだ(1-0、19分)。芸術作品のようなゴールとなった。

当然ながら、後塵を拝することになり、グラウンドの熱気は一段と高まった。そして、その数分後、キリアン・エムバぺが、イスラエル側にとって最悪の事態を招いたのだ。エムバペは、チームメイトと同じように、カーブをかけた素晴らしいシュートをゴール裏に突き刺した(2-0, 32分)。

攻撃的トリオが見せる光景は、何とも嬉しいものだった。パリ・サン=ジェルマンのフォワードラインから素早く抜け出したネイマールJr.がメッシに見つかり、彼もまたゴールシートにその名を刻んだ(3-0、34分)。第1戦と同じように、MNMの3人がゴールネットを揺らしたのだ。

このリードは、マッカビのモチベーションに影響を与えず、セクのゴールでリードを縮めることに成功した(3-1、38分)。しかし、パリジャンはまだ終わっておらず、リオネル・メッシがその魔法のブーツで典型的な臨床的な一撃を放ち、ブレーク前にリードをさらに広げた(4-1、44分)。このゴールで、キリアン・エムバペは3試合中4回目のアシストを記録した。

ホームチームは、ブレーク後にセックのヘッドでこの試合2点目を決められ、再び追い上げられる(4-2、49分)。しかし、その反動で、またもや自分たちのパフォーマンスを反映した動きを見せる。アクラフ・ハキミの完璧なボールがエムバペに渡り、またもやカーブをかけてゴール裏へ!(5-1、64分)。 さらに、ネイマールJr.もゴールドベルグにボールを押し込まれ、ゴールネットを揺らされた(6-2, 62分)。

リオネル・メッシの無数のクロス(77')や、カルロス・ソレールがネットを揺らしたアルゼンチン人の最後のアシスト(7-2、83分)のように、サポーターをハラハラさせることなく、パリジャンが試合の最後を締めくくることができる大きなリードをもたらした。

この勝利により、パリ・サンジェルマンは2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ・決勝ラウンドの出場権を獲得した。グループステージは、8日後にレ・ルージュ・エ・ブルーがユヴェントスに挑む、アルプスの向こう側への最後の旅で幕を閉じることになる。