ホームで記念すべき勝利!

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンは、パルク・デ・プランスの熱気の中、リーグ・アン第14節でFCナントと対戦し、3-1で勝利した。この試合を振り返ってみよう。

幻想的な雰囲気の中、パリ・サン=ジェルマンはホームに戻り、レ・カナリスを迎えた。ヴィラージュ・オートゥイユの30周年を記念して行われたこの歴史的なフランスリーグの試合で、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、リオネル・メッシ、キリアン・エムバペ、ネイマールのトリオを起用し、秋晴れの昼下がりにすでに大声で歌い、叫び始めていた観客に火をつけた。

スタジアムがサポーターの歓喜で爆発するまでにそう時間はかからなかった。キックオフ直後からのハイプレスを仕掛けたパリジャンは、最初の攻撃で均衡を破った。ネイマールのドリブルから、レアンドロ・パレデスが放ったロングシュートがエムバペに当たり、うまく跳ね返ってゴールに入り、僅か2分で1-0となった。好調なエムバペは、パリの攻撃が輝き続ける中で喜びをかみしめた。

スピード、流れるようなプレー、創造性など、PSGにはファンを喜ばせる要素がすべて揃っていた。攻撃陣のトリオが見せた見事なコンビネーションプレーにより、17分にレオ・メッシ、22分にはエムバペがそれぞれリードを広げるチャンスを得た。パルク・デ・プランスでのパーティーの暖かさとは対照的な首都の寒さの中、ポチェッティーノ監督の選手たちは再びアクセルを踏み込み、いい動きを見せるGKアルバン・ラフォンを打ち負かそうとした。このような巧妙なチームプレーがハーフタイムまで楽しい霧の中で続き、前半はPSGにとって良い流れのまま終わった。

しかし後半、試合が終盤に差し掛かったとき、試合の流れを変えたのは、ケイラー・ナバスの退場劇だった。彼の穴を埋めるべく途中出場したセルヒオ・リーコは、76分、ランダル・コロ ミュアニのバックヒールから入ったボールを止めることができず、同点に追いつかれてしまう。

この失点で精神的なダメージを受けると思われたPSGだったが、81分にはメッシのプレッシャーを受けたデニス・アッピアがボールを自陣のゴールに流し込み再びパリがリードを奪う。さらに87分には、エムバペのドリブル突破からボールを受けたメッシが、エリアライン付近から左サイドにリーグ・アン初ゴールを決めた!

このアルゼンチンの魔術師のリーグ・アンでの初ゴールは、めまぐるしく変化した試合で最後に輝いたプレーだった。明るさと一体感を見せつけたパリジャンは、ホームで無敗とリーグでの主導権を握り、週半ばにはヨーロッパの舞台に戻る...