数字から見るライプツィヒ戦

トップチーム

UEFAチャンピオンズリーグのライプツィヒ戦を数字で振り返ってみよう。

/media/191765/papier-1.jpg

2

この試合、イドリッサ・ゲイェとプレスネル・キンペンベが退場処分を受けたことが、1試合で2枚のレッドカードはクレマン・シャントームとシアカ・ティエネが受けた20111020日に行われたヨーロッパリーグ第3戦対スロヴァン・ブラチスラヴァ戦に遡る。

/media/191766/papier-2.jpg

4

先制点を決めたアンヘル・ディ・マリアは3-0で勝利した昨季818日のライプツィヒ戦以来のゴールとなった。ディ・マリアはライプツィヒ相手に4点に絡み(2得点2アシスト)、ガラタサライ(1得点3アシスト)と同数で最多記録となっている。

/media/191767/papier-3.jpg

19

プレスネル・キンペンベのハンドによるPKはチャンピオンズリーグ2012/13以来19度目となり、この期間ではどのチームよりも4回以上多い。

/media/191768/papier-4.jpg

28

PSGはチャンピオンズリーグ28試合連続得点を記録しており、これは200811月から20159月の期間に40試合連続得点を達成したレアル・マドリードに次ぐものである。PSGが最後に無得点に終わったのは、201511月にアウェーで行われたレアル・マドリード戦だった。