完璧なスタート

トップチーム

/media/27839/score-paris-dresde.jpg

マッチレポート
約2ヶ月ぶりに試合のピッチに戻ってきたトーマス・トゥヘルのチームはディナモ・ドレスデンとのフレンドリーマッチに臨んだ。パブロ・サラビアやアンデル・エレーラを含めた新加入選手たちの最初のプレーを目にする機会でもあった。

/media/27842/papier2.jpg

3万人を超えるファンが見守る中、パリは順調に試合をスタート。ホームチームの守備の混乱を突き、キリアン・エムバペがチップキックでGKケビン・ブロルを破って先制点を奪った(0-1、6分)。パリの7番は続いてユリアン・ドラクスラーの追加点に繋がるパスも供給(0-2、18分)。続いて再びエムバペがマルコ・ヴェッラッティのアシストからチームの3点目を挙げた(0-3、34分)。

後半にはユースアカデミー育ちの3人の若手が輝きを放つチャンスを活かした。ドラクスラーとの交代で出場したアルトゥール・ザグレはアンデル・エレーラからのパスで抜け出してトップチーム初ゴールを記録(0-4、48分)。ヴィルジリウ・ポストラキも、またしてもエムバペのアシストから5点目を挙げた(0-5、61分)。ザグレはアシスト役にも転じ、アディル・アウシシュもネットを揺らす(0-6、71分)。ホームチームはムサ・コネのPKで1点を返した(1-6、76分)。

/media/27843/papier3.jpg

PSGマン・オブ・ザ・マッチ:キリアン・エムバペ
開始直後からギアを上げ、相手のミスを突いて先制ゴールを記録。続いて枠を叩くシュートを放ったあと、ドラクスラーのゴールをお膳立てし、前半のうちに自身2点目のゴールも加えた。

後半にもポストラキにもうひとつアシストを供給。2019/20シーズンに向けて幸先の良いスタートを切った。

/media/27844/papier4.jpg

今後の予定
試合後は一旦すぐにパリへ戻るが、土曜日には再びドイツを訪れてニュルンベルクとのフレンドリーマッチを戦う。

7月23日には中国へ向かい、7月27日にインテルと、その3日後にシドニーFCと対戦。続いて8月3日にはトロフェ・デ・シャンピオンでスタッド・レンヌと対戦する。その8日後にはリーグアンの2019/20シーズンが開幕。パルク・デ・プランスにてニーム・オリンピックを迎え撃つ。