パブロ・サラビア:「チームを助ける」

記者会見

パリのミッドフィールダーであるサラビアは、2月9日にパルクで行われるリーグ・アン第24節のリヨン戦に向けての心境を話した。

ポジション

「たしかにモンペリエ戦では普段やらないポジションで出場した。でも、もし監督が自信を持って僕を選ぶのであれば、もちろんできるね。前でキリアン・エムバペとプレーするのはとてもやりやすいよ!新しいポジションだが、できると思うね。ここでプレーできて嬉しいよ。適応するための時間を要したけど、100%ではないが良い感じに馴染んできているよ。常にここでプレーして、チームを助けることを考えているよ。」

/media/95170/papier-1.jpg

データ

「ここに来た時からチームを助けるためにできることをすべてやることが目標だった。僕のゴールやアシスト?良いことだね、嬉しいよ。チームはポジション争いが激しいよ、特に前線はね。チームが僕を必要としている時に常に最善を尽くせるように準備しているよ。」

リヨン

「クープ・ドゥ・ラ・リーグの決勝に進出し、チャンピオンズリーグのベスト16への進出を決めている好調なチームとやるということは難しいことだとわかっているよ。もしかしたらもっと良い位置にいれるかもしれないが、僕らは彼らのことを知っている。全部の試合に勝ちたいよ。他の試合よりも難しいものになるかもしれないが、どの試合にも同じように準備するよ。」 

/media/95171/papier-2.jpg

ドルトムント

「日曜日の試合に集中している。激しい試合になるね。そのあとクープ・ドゥ・フランスの試合がある。ドルトムントの試合について考えるのは間違いだと思うよ。僕らは次の試合のことしか考えてないよ。」