ネイマールJr、パリ・サン=ジェルマンとの契約を2025年まで延長

トップチーム

パリ・サン=ジェルマンは、ネイマール・ダ・シルヴァ・サントス・ジュニオールが2025年6月30日まで、3シーズンの契約延長に合意したことを発表しました。

2017年にクラブに加入して以来、ブラジル人選手(103キャップ、64ゴール)は、パリ・サン=ジェルマンのクラブレジェンドの一人としての地位を築き上げてきました。クラブでの112試合で85ゴール、51アシストを記録したPSGの10番は、クラブ史上の得点者トップ10にも入っています。

ネイマールJrは、「Rouge & Bleu」でこれまでに、リーグ1優勝3回(2018年、2019年、2020年)、クープ・ドゥ・フランス2回(2018年、2020年)、クープ・ドゥ・ラ・リーグ2回(2018年、&2020年)、トロフェ・デ・チャンピオン2回(2018年、&2020年)の9つのトロフィーを獲得しています。また、パリ・サン=ジェルマンが、クラブ創立50周年の年である2020年に、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝に進出する際にも重要な役割を果たしました。

「パリ・サンジェルマンで冒険を続けることができて本当に嬉しいです。と、新契約に署名したネイマールJr.は語りました。パリでの生活に満足していますし、このチームの一員として、この選手たちや素晴らしい監督と一緒に仕事ができること、そしてこのクラブの歴史の一部になれることを誇りに思っています。これらのことが、この素晴らしいプロジェクトをより一層信じさせてくれます。私はここで、人間として、そして選手としても成長しました。ですから、契約を延長できたことをとても嬉しく思いますし、ここでさらに多くのトロフィーを勝ち取りたいと思っています。」

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

「パリ・サンジェルマンの会長兼CEOであるナーセル・アル=ヘライフィーは、「PSGを成長させる野心的なプロジェクトの核心は、選手たちの心、才能、そして献身です。ネイマールJr.が、2025年までのPSGファミリーへの長期的なコミットメントを再確認し、これからもファンを喜ばせてくれることを誇りに思います。彼が我々のプロジェクトの一員として、今後も長く我々と共に歩んでくれることを大変嬉しく思います。」