トーマス・トゥヘル:「チームで勝つ」

記者会見

パリの監督は、日曜日のモナコ戦に向けてメディアの前で話した。

メンバー

「全員いるね!とても嬉しいけど、選択をしなければならない。25人のフィールドプレーヤーと4人のゴールキーパーがいて、全員の力が必要になるし、とても良いことだ。みんなプレーできる状態にあるし、プレーしたがっているよ。アブドゥ・ディアロ?彼はフルメニュー参加したけど、リスクを負うつもりはないね。」

引く続きの対戦

「同じ相手と3日で2度対戦するのは、私のキャリアで初めてだ。1度目の対戦より前に2度目の対戦をするのは違和感があるし、3日空けて同じ相手と対戦するのもすごく変な感じがする。こういう状況もあるし、我々はそれに合わせるよ。チームとしては、1試合目を終えてから、2試合目のことを考えるつもりだよ。我々は新体制のモナコと2度も対戦するし、アナライズできる試合が1試合しかない。フォーメーションを変え、スペインがプレーしていた様な4-1-4-1で来ることを予想している。そのための準備もしているよ。彼らも自分たちのサッカーに自信を持っているし、それぞれのサッカースタイルがぶつかり合う試合になると思うね。どっちが上手かを楽しみにしている。でも、僕らはこの状況を楽観的に捉えている。」

/media/68675/papier-4.jpg

モナコ

「我々は勝ち点6を積み上げるチャンスがあるけど、モナコは前に強いチームで、とてもリスペクトしている。常に4、5人の質の高い攻撃陣で攻めてくる。今年初のリーグ戦でとても良いチャレンジの場だと思うよ。僕らには魅力があるし、良い情熱と質も揃えていると思うね。試合に勝ちたい。チームとしても成熟して、堅くなったと感じている。個人の面で成長していると思うよ。そして、チームも成長した。全員がここで楽しんでいて、結果を求められる大会がある中でも良い精神状態でやれているが、基準を落とさないように気をつけなければならないね。」

戦術

「全員で攻撃して、全員で守る。チームで戦うことがサッカーにおいて一番重要なことである。 4-4-2でプレーすればみんなでたくさんのことができると思う。全員が求められたことをやらなければならないし、それを選手たちは実行出来ていると思うよ。今はチームで勝てていると思うね。それぞれが必要なことをやり遂げているよ。」

マウロ・イカルディ

「正直彼にはとても驚かされているよ。彼はとても信頼できるし、プロフェッショナルだね。サッカーの理解度はトップクラスだし、チームがバランスよくやるために何が必要かを知っている。すごく影響力があるし、献身的に守る選手だよ。」